そもそもモンクレールは1952年フランスで設立されたブランドです。

かつてこれほど高価格ウェアが売れたことはありません。

異常ともいえるモンクレールフィーバーでしたが、その理由は光沢が際立つナイロン素材。

それまでダウンのナイロンはリップストップナイロンなど軽いナイロンが主流で、機能面を重視したものが多かったです。

ダウンが透けて見えるぐらい極度に薄くしたブランドもあって機能的ですが、質感は物足りませんでした。そこでモンクレールの代名詞のシャイニーナイロンの綺麗な光沢に惹かれた人が多いです。

その後シャイニーナイロンは各メーカーが採用し、一気にメジャーとなりました。

1968年の冬季オリンピクからシンボルマークで使われているオンドリロゴもモンクレールを象徴してるデザインで、左腕にロゴがついており、一目でモンクレールと分かるようにデザインされてます。

人気モデルは通常より大きなサイズになったデカロゴをつかってモンクレールのプレミアム感をよく演出。そして本格的ダウンのブランドでありながらビジネスパーソンの普段着で支持されてます。

通常アウトドアブランドダウンは、中に服を着こむのを想定してますが、デザイナーズのものはシルエットが細いスラックスなどに合わせても違和感が感じさせません。

 

スーツなどビジネスウェアに合わせればアウトドアブランドはシルエットが野暮になりやすく、デザイナーズならエッジが効きすぎて普段使いがメインのビジネスパーソンがダウンに目を向けることはありませんでした。