未分類 Archive

  • モンクレールは多くの人から支持されていた

    そもそもモンクレールは1952年フランスで設立されたブランドです。

    かつてこれほど高価格ウェアが売れたことはありません。

    異常ともいえるモンクレールフィーバーでしたが、その理由は光沢が際立つナイロン素材。

    それまでダウンのナイロンはリップストップナイロンなど軽いナイロンが主流で、機能面を重視したものが多かったです。

    ダウンが透けて見えるぐらい極度に薄くしたブランドもあって機能的ですが、質感は物足りませんでした。そこでモンクレールの代名詞のシャイニーナイロンの綺麗な光沢に惹かれた人が多いです。

    その後シャイニーナイロンは各メーカーが採用し、一気にメジャーとなりました。

    1968年の冬季オリンピクからシンボルマークで使われているオンドリロゴもモンクレールを象徴してるデザインで、左腕にロゴがついており、一目でモンクレールと分かるようにデザインされてます。

    人気モデルは通常より大きなサイズになったデカロゴをつかってモンクレールのプレミアム感をよく演出。そして本格的ダウンのブランドでありながらビジネスパーソンの普段着で支持されてます。

    通常アウトドアブランドダウンは、中に服を着こむのを想定してますが、デザイナーズのものはシルエットが細いスラックスなどに合わせても違和感が感じさせません。

     

    スーツなどビジネスウェアに合わせればアウトドアブランドはシルエットが野暮になりやすく、デザイナーズならエッジが効きすぎて普段使いがメインのビジネスパーソンがダウンに目を向けることはありませんでした。

     

     

  • パーティーシーンにもピッタリなモンクレールのクラッチの使い方

    ダウンジャケットでおなじみのブランド、モンクレールですが、パーティーシーンにもおすすめなクラッチの使い方と着こなしについてご紹介しましょう。

     

    まず、使うモンクレール のクラッチは、黄色いファーがついた、それだけでインパクト抜群のものです。

    全体的に黄色いファーがついていて派手な感じがしますが、そこをブラックのパーツが引き締めてくれているというスタイルになっています。

     

    バッグの色にインパクトがあるので、やはりそれに合わせるファッションはシックなカラーにしましょう。

    仕事絡みのパーティーに行くならば、シンプルに首元がVカット(ちょっと大きめに開いたものがベストです)になったになったノースリーブのタイトスカートワンピースにしましょう。

    スリットがサイドに入っていたりすると、上品なセクシーさが出ておすすめです。

    合わせるシューズは黒よりもヌーディーなパンプスにした方が足長効果もあり、全体的に重く見えなくなりますし、女性らしさも増します。

     

    結婚式などに呼ばれた際にはもうちょっと明るく決めてみましょう。

    オフホワイトのノースリーブのレース素材のブラウスの首元には大き目のシルバーのネックレスをしましょう。

    そして、ボトムはヌーディーなゆったり目の上品パンツを合わせて足元は黒のパンプス、そしてこのモンクレールのクラッチバッグを合わせれば、明るめカラーコーデでハッピーなイベントにぴったりなカラーコンビネーションとなります。

  • モンクレールのトートバッグで大人なスタイルに

    モンクレールのバッグといえばスーツケースやバックパックが中心となっているのですが、その中では異色ともいえるトートバッグのかっこいいスタイルで使いこなす方法をご紹介しましょう。

     

    モンクレールのトートバッグのカラーはブラックと、マルーンというボルドー系のカラーがそろっているのですが、ここではあえてボルドー系のカラーを選びましょう。

    もちろんブラックはオールカラーと上手くマッチするので使いやすいですが、大人な女性にするならばこのマルーンが最高です。

     

    暑い季節であれば、白いタンクトップをトップにしましょう。

    普通に首回りがよく開いたボディにフィットするタイプの物でもよいのですが、お嬢様風に決めるのであれば、首回りがボートネックになっているタイプのものにすると、上品になります。

    ボートネックの場合はホワイトxネイビーのボーダーの物でも爽やかです。

    そこに合わせるのはスカートですが、これはモンクレールでもあるレザーのベージュの膝丈スカートを合わせてみましょう。

    もっと女性的に決めたいのであればブラックレザーのミモレ丈のタイトスカートにするとセクシーな印象に仕上がります。

    足元はパンプスで決めましょう。

     

    寒い季節であれば、トップを黒いタートルにして、寒い季節と同じようなボトムを合わせれば、それだけで落ち着いた女性ファッションになります。

    足元はダークブラウン、もしくはブラックのロングブーツを合わせるとハンサムなスタイルに決まります。

  • ダウンジャケットのイメージを一新させたモンクレール

    仕事からスーツを着て営業に飛び回っています。冬場になるとスーツの上にコートを羽織っているのですが、どうしても冷たさを感じ体自体の冷えを感じてします。

    そんな時有る雑誌を見てモンクレールのダウンジャケットを知りました。1番見て気に入ったところはスーツの上に着こんでも全く違和感のない所です。

    私が購入したのはモンクレールのK2スペシャルと言う商品で見た目以上の軽さとデザイン性が売りの商品で、今までに着たダウンジャケットとと比べると何かイメージを変えさせられた気持ちに成りました。

    それでいて冬に関わらず、少し歩い程度で私の場合汗をかく、凄い防寒性の高い商品でありました。ダウンの種類もかなり豊富であるため、自分に合ったモノが選べるブランドと言えます。ですが、フランス有名ブランドと言う事もあり、金額設定の方が少し高めに設定されています。ピンキリではありますが、デザインや上質感などを求めるのであれば、上のグレードがおススメです。只普段防寒的な事で着込むという事であれば、それは少し勿体無いように感じます。やっぱりモンクレールのダウンを着込むのであれば、オシャレに着込む事が、1番スタイル的に有ったダウンジャケットで有り、良さを引き出すモノと言えます。

    また周りの反応もすごく視線もビンビン感じられるところから、モンクレールのダウンジャケットは優越感に浸られます。

     

    オススメサイト

    優越感に浸れるモンクレール

  • モンクレールの最大の特徴と価格以上の満足さ

    ダウンジャケットやコートで絶大な人気を誇るのがモンクレールです。冬の時期に売れて、モデルによっては完売ということがあります。

     

    「ホワイトグース」と呼ばれる鳥の産毛だけで作られていて、フランス規格協会から「最高品質のダウン」と言われました。その品質の良さから国内外問わずたくさんの人達を魅了してきました。

     

    モンクレールのダウンジャケットやコートは安くても10万円近く、商品によっては20万円以上します。買いたくてもなかなか手が出せない人もいると思います。

    それならば、ベストがオススメです。価格で約5万円から10万円未満で購入出来ます。「ダウンジャケットと違ってベストでは暖まらないよ」と思われる方が多いと思います。確かに、ダウンジャケットやコートを比べたら暖かさの面で言ったら落ちるでしょう。

    しかし、このベストだけでもかなり暖かくなります。そして、特徴のあるこの柔らかさ。「ホワイトグース」と言われるものがどれほど素晴らしいか実感されるでしょう。そして、とにかく軽いです。

    他のメーカーのベストと比べてもらえれば一目瞭然ですが、そのあまりの違いにびっくりするはずです。もちろんそれだけ価格が違うからですが、それだけの価値はありますし、気持ちの良い冬を迎えられるでしょう。